2005年07月18日

粟餅作り

image/kaekko-2005-07-18T14:11:14-1.jpg
磐田の見付天神のお祭りに欠かせない粟餅の製造風景です。
見付天神の粟餅は、お祭りの時には、界隈のお菓子屋で、製造・販売しますが、
年中 行っているのが、うち井口製菓(有)だけです。
posted by ぐっち at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 見付天神 粟餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔の味と違いますか。粟が多いと歯切れよく感じますが、今のは餅団子みたいに感じましたがいかがでしょうか。色も白いようです。粟が高価で少なめですか。それとも皆さんがそのほうが好きとおっしゃるからですか。昔のものですが。宜しく。
Posted by 鈴木光寿 at 2006年10月01日 19:51
粟餅は、お菓子屋さんで、作り方に多少ちがいがありますが、お餅のつきかたでも、粟餅の色が変わってきます。井口製菓は、粟の色が変わらないように 特別な粟餅の機械で作りますので、餅の色が、黄色です。
お餅のやわらかさですが、やわらかいお餅の方が好まれるようで、昔より、やややわらかめに作っているそうです。
また ご意見お願い致します。
Posted by at 2006年10月08日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。